しなやかで強い、日常使いの暮らし道具  ~西川登 竹細工を夫婦でつくる 栗山商店~

竹細工がつくられているのは、里山のふもとにある民家の土間

佐賀県の西部に位置し、長崎県に隣接する武雄市は、古くから温泉地として栄えた街です。最近は図書館が話題になったことで「武雄市」という地名を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
観光客も多い武雄市ですが、市街地から離れると田畑や里山が多くてとてものどか。私たちが訪れたのは真夏でしたが、空気が澄んでいて、心地いい風が通っていたからか、それほど暑いと感じず、気持ちのいい場所だなぁと感じました。武雄市の西川登地区で竹細工をつくる栗山商店は、そんな里山のふもとにあります。

kuriyama_01

4代目の栗山勝雄さんが作り手を担う栗山商店。入口すぐの土間が工房になっていて、入ってすぐに目に入る道具やつくりかけの材料が並んでいるのを見ることができました。

kuriyama_02

材料である「竹ひご」づくりから、職人の技巧が光ります

せっかくなので、栗山さんにはいつもの座布団の上に座っていただき、つくりながらお話を聞かせていただきました。まず驚いたのが、竹細工を「編む」ところからではなく、なた包丁で竹を割き始めたことです。
どうやら竹細工は、材料である「竹ひご」をつくるところから始まるようです。

kuriyama_03
刃を左手に向けて勢いよく竹を割くので見ていてハラハラしてしまいましたが、怪我をすることはないそうです。

さらにお話を聞くと、竹ひごをつくる以前の「竹林で竹を切ってくる」という工程も必要とのこと。竹細工は思っていた以上に手間と時間がかかっていることを知りました。

竹細工ができるまでの過程は、ざっくり分けると下記の4ステップです。

1 :毎年お盆過ぎに1年分の竹を切る
2 :切った竹を煮て油抜きし、1か月弱干す
3 :竹を切る、へぐなどの工程を経てそれぞれの竹細工に最適な大きさの竹ひごをつくる
4 :竹ひごを編み、竹細工が完成

kuriyama_04
さらに細かい部分を削り落とし、均等なサイズの竹ひごが完成します。

竹細工づくりは、かつては農家の副業。
仲間同士で力を出し合って竹の調達から行っていた時代も

西川登の竹細工は明治時代に始まり、かつては伊万里・有田焼や唐津焼と並ぶほどの佐賀県の一大産業として多くの作り手を擁し、数多くの製品が日本中に出荷されました。作り手のほとんどは昼間は本業である農業に従事し、雨の日や夜に竹製品をつくっていたそうです。

しかし、竹に代わる材料が増えた今はその需要はほんのわずか。前述したようにかなりの手間がかかることも一因として作り手はどんどん減り、西川登の竹細工の伝統を受け継ぐのは、栗山さんのほかは数名だけになってしまいました。

kuriyama_05
割いたあとの竹。このあとさらに削って割いて、どんどん小さくなります。

この地域の竹は山の上に生えているので、竹を切りに行くのは山を登らなければなりません。大きなトラックだと小さな山道を通れないため、軽トラックで山を登り自宅まで運ぶそう。竹は1本あたり5メートルはあるので、重さはかなりのものです。

最近、栗山さんはその工程をシルバー人材センターに依頼することも。竹細工で栄えたこの街のご年配の方々はノウハウを持った方も多いため、ちょっとした地域貢献にもなっています。

kuriyama_06
取材中にいただいたスイカは、栗山さんの畑で採れたもの。畑ではたくさんの野菜を作られているそうです。

煮てから乾燥させる工程で約1か月。このとき絶対に雨に濡らしてはいけないのだとか。急な夕立もある秋の季節に、それはまた大変なことと思います。
栗山さんの奥さんが「その時期は子守りじゃなくて竹守りばっかりだよ」とおっしゃっていましたが、まさにそうなのでしょう。

産業として栄える前は、それぞれの家庭で「自宅で使う分」をつくっていたという竹細工。当時はキッチンツールだけでなく、農具や日用品などさまざまなものが竹から生み出されていました。竹を切るところから自分たちで行うのは当時のやり方で、昔は「切子(竹を切る人)」「割子(竹ひごをつくる人)」と分業体制を整えていた時期もありましたが、
「切子さんも割子さんも、もうおらんけん、自分たちでやらんと」と、栗山さんは語ります。

それほどの時間と手間をかけてやっとできるのが竹ひごです。どんな製品になるかによって必要な竹ひごのサイズは異なるため、竹ひごが完成品の出来を左右するといっても過言ではないほど。仕上がりのいい竹ひごをつくる技術もまた、職人技。すべて手作業で丁寧につくられている竹ひごは、それだけでも立派な工芸品としての価値があるのです。

kuriyama_07
竹ひごとしての完成形がこちら。このように艶やかで均等な竹ひごから、栗山さんの竹細工が生まれます。

夫婦でつくるのが、竹細工づくりの基本のカタチ

そして取材中、もう1つ驚いたことがありました。
竹ひごからかごやさるを「編む」のは栗山さんの奥様の仕事。これは栗山商店に限らず、代々この地域では、編むのは“女性の仕事”なのだそうです。
竹ひごづくりまでを男性が行い、「編む」という繊細かつ緻密な工程は女性が担う。編み終わったら再び男性にバトンタッチし、力が必要な成型・仕上げを行う。夫婦二人三脚で完成するのです。

kuriyama_08
栗山さんご夫妻。実は取材前日までお孫さんと千葉のテーマパークに行っていたそうで、お土産話も楽しく聞かせてくれました。

素材として優秀な「竹」だから、
若い人に支持される竹細工をつくり続けたい

父であり栗山商店の3代目・時雄さんから受け継ぎ、作り手になった栗山さん。それまではお父様が竹細工つくり、栗山さんが販売を担うという、こちらも二人三脚でこの商店を守ってきました。
手伝いはしてきたものの、作り手として代替わりをしたのは5年前のこと。「まだまだ若輩ものです」と謙遜していらっしゃいます。

作り手が少なくなり、つくれる竹細工の種類も徐々に減っている昨今ですが、栗山さんは新しい竹製品を生み出すことにも意欲的です。先代の時雄さんは、どんなものでも竹でつくることができたという名工。栗山商店が「佐賀マイスター」の認定を受けているのは、そんな理由もあると奥様が教えてくれました。栗山さんは、お父さんのように「頼まれたらなんでもつくれる職人でありたい」と意気込みます。

kuriyama_09
栗山さんの後ろにある大きなかごは、注文されて特別につくったもの。鶏を入れておくための籠だそうです。

kuriyama_10

今、竹製品の軽くて丈夫で使い勝手がいいところ、見た目の美しさや、抗菌・消臭などの特徴から、竹細工の良さが見直されています。
栗山さんはそんな「竹好きな人」のために、これからも1つ1つ丁寧につくりたいそう。
催事に出展するときには、奥様と店頭に立ち、手入れの仕方も伝えながら販売するのもふたりのこだわりです。

今後は竹細工職人としての腕をさらに磨くと同時に後継者を見つけたいと話す栗山さん。
「なくなってほしくないから、後継者を見つけて育つまでは元気につくり続けんと」とも話してくれました。西川登の伝統を受け継ぐ若い世代の作り手を大募集中です。

kuriyama_11
接着剤などは使わず、竹と籐紐だけで完成する竹ざる。麺類から揚げ物までどんな食材にも使え、消臭効果から匂い残りがありません。

奥様いわく、「1つあれば数十年は使えてしまうから商売にならん」と笑いますが、だからこそ「良いものを長く使いたい」というニーズにぴったり合う良質な日常使いのツールです。
人気ナンバーワンである竹ざるは、どんな料理にも役立つこと間違いなし。材料から一貫して手作業で心を込めてつくった栗山さんのざるが私も欲しくなってしまいました。


問い合わせ先

栗山商店

〒843-0232 佐賀県武雄市西川登町神六28436-3
TEL:0952-28-2178