佐賀で木工製品をつくる意味がここに ~ミマツ工芸 実松英樹さん~

佐賀県神埼市の長閑な田んぼ道の中にあるミマツ工芸は、諸富家具の協同組合に所属する木工工房です。
もともとは家具のパーツをつくる下請企業だった会社ですが、現在は同社のオリジナルブランド「M.SCOOP」のスタイリッシュな木製小物が大ヒット。男性向けのシンプルな眼鏡置きなどを都内のセレクトショップや大手百貨店などで見かけたことがある方も多いと思います。

DSCF1049

お話をうかがったのは、ミマツ工芸2代目社長の実松英樹さん。実松さんのアイデアで製品化したM.SCOOPがイメージするお客さま像は「APPLE製品を使いこなして、かっこよく働く30~50代の男性」。眼鏡や腕時計のほかスマートフォンなど、ビジネスマンが使う小物を置くための木製ツールなどが主な製品。大人の男性が持つ「大切なモノの置き場所」にこだわるシリーズです。

DSCF1061
こちらは腕時計置き。「パートナーやお父さんにかっこよく働いてほしい」と思う女性が選ぶギフトとしても人気があるそうです。

 

海外進出が自社製品を見つめなおすきっかけに

婚礼ダンスなどの需要減にともない、家具のパーツを作っているミマツ工芸の仕事も激減した時期がありました。その際に会社のピンチを救ったのがM.SCOOPですが、発案から年月が流れるにつれて実松さんの中に「なにかが違う」という思いが芽生えるようになりました。

日本に来る外国人観光客からのインバウンド需要も高まったことから、2015年と2016年にはM.SCOOPはパリの展示会に出展することとなります。ヨーロッパでも通用するかどうかや価格が妥当かどうかを確認するための試みでもありました。

DSCF1025
工場では熟練の職人さんが1つ1つ丁寧に木材を削っていました。

「手ごたえはありました。老舗の文具店のバイヤーさんからその場で受注が入ったりもしましたし。でも同時に、なぜうちがこれを佐賀でつくっているのかを聞かれると答えられなかったりもして、モヤモヤする気持ちが高まったのが実際のところです」と話しながら顔を曇らせます。

メイドインジャパン製品らしく丁寧なつくりではあるものの、素材の木材をはじめとする材料はアメリカ製のものがほとんどでした。日本の木ではつくれないのかと聞かれてギクリとした瞬間もあったそうです。

もちろん、日本にも森林は多くあり木材も決してないわけではありません。国産のヒノキをつかったM.SCOOP製品もあるのが事実です。よりシンプルな製品づくりを行う場合、木目の風合いが製品イメージに大きく関わる為、イメージの合うウォルナットやメープルなど米材での生産がメインになっています。

「パリでは、日本人がアメリカの木でつくったものをわざわざヨーロッパに持ち込んで売ろうとしている、という目で見られているような気にさえなってしまった」と、釈然としない気持ちは高まるばかりだったものの、そこは割り切っていこうと決めました。

ただこのころから、自分達がこの地域でつくる意味のあるモノも、つくりたいと強く思うようになったそうです。

 

「次元が違う」国産木材の木口

「なにかが違う」

実松さんが抱えていたそんな気持ちをクリアにしてくれたのが、今回ご紹介したい「年輪時計」です。

DSCF1082

実はこの年輪時計は新製品ではなく、約20年前に実松さんが考案したものが原型です。ある日、モヤモヤとした気持ちを抱えたまま過ごしていた実松さんのもとにこの年輪時計の注文が入りました。国内の大手自動車メーカーから自社の社有林の木材を使ってつくってほしいという内容です。

届いた木材を見て実松さんが驚いたのは、その木目の美しさでした。それまでアメリカ製の木材を使っていた理由の1つは見た目の問題。スタイリッシュなM.SCOOPには米材のほうが雰囲気がマッチするからです。ただし「年輪」というくくりで見ると、国産木材はとても美しくやわらかな表情を見せてくれることに気づかされたそう。その美しさは数多くの木材を見てきた実松さんを以てしても「次元が違う」と言わしめるほどです。

さっそく自ら佐賀県内の山に登り、丸太を見せてもらったという実松さんは、理想どおりのきれいな丸太に出合うことになります。

 

理想の木材は「佐賀杉」でした

DSCF1015
工場に並んでいた木材。これらが繊細な木工製品になります。

年輪時計に理想の木材は、生まれ育った土地のすぐ近くの山にありました。「佐賀杉」です。

「四季があり寒暖の差がはっきりしている日本で育った木ならではのきれいな木目は、それだけで天然の曲線を描く絵のような美しい雰囲気も持ち合わせています」と太鼓判を押します。

この木材が年輪時計を真剣につくることを決意させてくれたそうです。加工には技術が必要ではありますが、それは職人技の見せどころ。この時計だけは実松さんが自ら製作しているほどの力の入れようです。

「この木を見たときに、パリで感じたモヤモヤから突然スコーンと抜けた気がしました。すぐ近くの地元の山で育った木が刻んだ年輪は、同じ月日をすぐ近くで過ごした人にとってはかけがえのない存在です。この木で時計をつくることが僕が木工をする意味になるのではないかと思いました」

佐賀にゆかりのある大切な人へのギフトに

DSCF1086

年輪時計は大切な人への贈り物として制作されています。実松さんがメインにと考えているのは定年退職や還暦など、年を重ねたお祝いの品。サンプルに刻まれたメッセージはこう記されています。

「穏やかな晴れの日も、
雨風の寒い日も
刻まれた年輪は年月の証。
これから刻む新たな時が
すばらしい人生でありますように・・・」

生まれてからの日々とほぼ同じ年月を、同じ佐賀県内で育った木材の年輪は、その人の人生の刻印と同じような意味合いを持つものと言えるでしょう。晴れ渡った青空だけではなかったはずです。曇りの日も、激しい雨が降った日もあったことでしょう。暑い日も寒い日もあるからこそ年輪は美しく刻まれます。そして、たとえ同じ木でも切り口によって見た目が変わるため、2つと同じ木目はありません。

まるでその人の人生を象徴するような木目と、静かに時を刻む時計。佐賀で育った人、仕事や進学で佐賀を離れた人にこそ、ギフトとして喜んでもらえる地元の逸品になるのではないかと期待がふくらみます。

この土地が好きだから

そんな実松さんの佐賀愛は相当なものなのではないかと伺ったところ、「そうでもないんですけどね」と否定していましたが、お話を聞くとやはり熱い想いはあるようです。

「そもそも僕は2代目で、父親ほどの強い意志があるとは胸を張っては言えません。でもきっともう佐賀から出ることはないでしょう。そう考えたらこの仕事で自分にしかできないことを、自分がする意味のあることをしたいと思うようになったんです」

DSCF0988

そういった想いが強いからこそ、佐賀を前面には出していないM.SCOOPの製品にも、実は実松さんの佐賀愛が込められたものがいくつもあります。例えば上の画像のグラスプレイスがそう。

落ち着いたカラーリングは、実松さんが暮らす土地から見える景色がモチーフとなっています。
秋に見える、収穫後の田畑の色
寒い冬の、晴天の日にだけ見える遠くの山々の深い緑色、
そして春の若菜色。
どれもが実松さんが子どものころから見ていた美しい佐賀の景色です。

かっこいい日も、そうでない日も

DSCF0975

M.SCOOPはスタイリッシュでかっこいい男性のためのシリーズですが、雨風が吹き荒れるようなかっこいいだけではいられない日だって、どんな人にもあるものです。
かっこいい日も、そうでない日も。M.SCOOPと年輪時計は多くの人の人生そのものなのかもしれません。

「僕がここで木工をやっている意味をやっと見つけることができました」
そう話す実松さんの表情は、とても晴れやかでした。


問い合わせ先

有限会社ミマツ工芸
〒842-0062 佐賀県神埼市千代田町柳島1265-1
tel:0952-44-2455
website:http://www.mscoop.jp