合同展示会「大日本市」に出展。

合資会社鶴屋菓子舗、鍋島 虎仙窯、名尾手すき和紙株式会社の3社が合同展示会「大日本市」に出展に出展致します。3社は、2016年10月から約1年間、株式会社中川政七商店による「さが土産品開発コンサルティング」にてコンサルティング支援を受けて立ち上げた新ブランド、新商品を発表致します。

大日本市(だいにっぽんいち)
主催:株式会社中川政七商店
会期:2018年2月7日(水)〜2月9日(金)
※バイヤー向け展示会のため、一般のお客様はご入場いただけません。
会場:amana海岸スタジオ(東京都港区海岸3-9-18)

■出展業社
合資会社鶴屋菓子舗(佐賀市西魚町)
379年の歴史を持つ、丸房露の元祖。丸房露の新たな楽しみ方を提案した商品「丸房露のためのアイスクリーム(平成29年6月)」、「丸房露のためのマーマレード(平成29年12月)」を発売するなど、新たな挑戦を続けている。
問い合わせ先:TEL 0952-22-2314(営業部長 堤 一博(つつみ かずひろ))

鍋島 虎仙窯(伊万里市南波多町)
新ブランド「KOSEN(コセン)」を大日本市で初披露。
江戸時代、将軍家や諸大名の為だけに作られ、一般に人目につくことがなかった鍋島焼。長い歴史にいきづく魅力と美術品と称される鍋島様式の技術を背景に「美術的商工藝品」と定義した新たな日用品ブランドを立ち上げた。
問い合わせ先:TEL 0955-24-2137(番頭兼絵師 川副隆彦(かわそえ たかひこ))

名尾手すき和紙株式会社(佐賀市大和町名尾)
新ブランド「PAPER VALLEY(ペーパー・バレー)」を大日本市で初披露。
300年以上の歴史を持つ肥前名尾和紙。かつて100軒もの紙漉き工房が軒を連ねていたが、現在、当工房を残すのみ。紙産地の最後の工房として「残しておきたい紙」をコンセプトにプロダクトブランドを立ち上げた。
問い合わせ先:TEL 0952-63-0334(ブランドマネージャー 谷口 弦(たにぐち げん))