”布のような器” で陶磁器業界に新たな風を ~文山窯 中島さんご夫妻~

「窯元」というと、歴史ある古い窯を持ち、昔ながらの技法で陶磁器を焼いているイメージが強いと思っていましたが、そんなイメージを覆す窯がありました。その名も「トンネル窯」。長さ30メートルの大きな窯の中を台車が移動するオートメーションシステムを搭載。実際に目の前にすると、その規模や大きさは圧巻のひとことでした。

今回おたずねした文山窯のほか5つの窯元がこのトンネル窯で有田焼を焼いています。

年末年始以外は常に火が炊かれているというこのトンネル窯では、数多くの有田焼が焼かれています。その中には有名メーカーの食器や小物のほか、人気カフェのドリッパーなども。「あの食器がここで焼かれているとは」という発見もたくさんありました。

1窯1窯火を焚き、徹夜で火加減を見ながら焼く窯元が今でも多数あることを考えると、このシステムを採用することは大きな決断が必要だったのではないかと思わずにはいられませんでした。

トンネル窯のシステムはかなりシステマチック。成型された焼き物を乗せた台車が72分で1メートルずつ移動し、窯の出口からもともと台車があったスペースに戻るのは約30時間後。窯の温度や動くスピード、戻る位置まですべてコンピューターが管理しています。

「焼く」以外はすべて手しごと

この窯で有田焼をつくる文山窯(ぶんざんがま)は、1953年に創業した窯元で、お話をしてくれた中島正敏さんは3代目の社長さん。取材にうかがった日は雪がちらつくとても寒い日でしたが、ご登場された中島さんはなんと、Tシャツ姿!真冬でもTシャツ1枚で過ごしているそうです。(ちなみに、トンネル窯のまわりは冬でも暑いというわけでは決してありませんでした)

当番制で「宿直」の日もあるそう。「昨日まで2日間ここに泊まり込んでたんですよ」とちょっとお疲れの模様。

そんなユニークな中島さんですが、つくる有田焼はとてもエレガント。代表的な商品は「プラチナ牡丹」シリーズです。「一珍」という技法を用い、その特徴を最大限に活かした華やかな食器たちは、20年以上文山窯の主力商品として売れ続け、今も人気を誇るロングセラー商品です。

DSCF1501.JPG
プラチナ牡丹シリーズの一部。カラーバリエーションはブルーのほかにピンクも。

ハイテクな窯で焼いているとはいえ、それは「焼く」という過程のみ。成型はもう1つある別の工房で、機械ろくろや手びねり、流し鋳込み等で行っています。絵付けは熟練の職人さんたちがこちらも1つ1つ手作業で担っていて、その工程の見学もさせていただきました。

窯の迫力にすっかり圧倒されていたのですが、「手しごとのよさを活かす」という思いのもと、1つ1つ丁寧につくられた高品質なプロダクトを生み出しているところは、ほかの窯元とかわらないことがよくわかりました。

フリーハンドでスピーディーに仕上げる姿に思わず見入ってしまいました。
文山窯が手掛ける有田焼はほかにもたくさんあります。窯の横にあるサンプル展示スペースには、プラチナ牡丹シリーズだけでなく数百種類にもおよぶ器が並んでいました。料亭からの注文も多いそうで、特別な日のごちそうにぴったりな器がずらり。

新プロダクト「ceramic mimic fabric」

いま、文山窯は新しい器シリーズの作陶に着手しています。それが「ceramic mimic fabric」。

最初はそれが有田焼だとは思えず「何でできているのだろう」と頭にクエスチョンマークが浮かんだほどの第一印象でした。

布の模様がついた真っ白なルックスに加え、布のように薄く、さらりとした手触り。あの大きな窯の中で30時間にわたり1300℃で焼かれた焼き物だとはすぐには思えませんでした。

ceramic mimic fabricの“mimic”とは「真似・模倣」という意味。つまり「布のような器」ということになります。どのような技法を用いているのかを、車で数分の工房に移動して見せていただきました。

繊細ゆえに、熟練の手技がマスト

このプロダクトの肝ともいえる布の模様を付けるのは、この道30年以上の古川さんです。穏やかな笑顔とは裏腹に手元の動きは職人技がキラリ。熟練の職人さんです。

01.jpg

別の職人さんが手びねりで成型した生地に、布を押し当てていきます。あえて薄くつくられた生地はとてももろく、かといって押し当て方が弱すぎてもダメ。生地がやわらかめであることが布地の模様をきれいにつけるのには好ましく、それも薄さと力加減のせめぎあいになります。こんなに薄いのにそこそこの力は必要らしく、見ていてハラハラしてしまいました。

最後にスタンプを押します。絶妙な手加減で1つ1つ作業にあたるため、つくれるのは5分で1個ペースだそう。

布のようにとても薄いことも特長のシリーズですが、その薄さによりさまざまな過程で割れたりつぶれたりといった失敗が生じるのが正直なところだそう。

「本当はもっと厚くしたほうが“取れ(=最終的に商品にできるもの)”は多いのですが、布のような薄さはこのシリーズの売りのひとつ。ここは妥協せずに職人さんたちが頑張ってくれているんですよ」

中島社長の奥様が、古川さんをはじめ職人さんたちをねぎらうようにそう説明してくれました。

昔ながらの技法を応用

布の模様がつけられたデザインのお皿。こちらは文山窯に昔からあるデザインだそう。

実は、焼く前の生地に布を押し当てて柄を付けるというのは、文山窯では昔からやっていた技法で、特段新しいというわけではないそう。

「戦後の物資が少ないころは、筆を持ってきれいな絵を描ける人がいなかったから、ノコギリの刃や釘で柄をつけていた時代もあった。その中で蚊帳を使い布目を写す技法が出てきたのだと先代から聞いています」

今でもその技法は残っており、サンプルの器の中には布地が模様としてつけられたものもいくつかありました。

3つの挑戦を込めて商品化

ceramic mimic fabricの制作と販売において、文山窯は3つの挑戦を行っています。

まず1つ目は新たなフラッグシップづくり。

このシリーズをつくるきっかけは、2016年の有田焼創業400年事業の一環でもありました。前述したように「のこの刃や蚊帳で模様をつけていた時期も」という先代の話を思い出し、ほかにはない文山窯らしさを前面に出した、原点回帰ともいえるプロダクトとして生まれたのだとか。

布のような薄さにこだわる理由もここにあり、この薄さは磁器だからこそ実現できるということもあるそう。しかも同じ磁器でも、有田焼をつくる素材である天草の石でないとできないであろうとも考えています。白が美しいこの素材の良さを前面に出すため、釉薬で色付けせず潔く真っ白で勝負。新しい文山窯のフラッグシップとして成長させたいと意気込んでいます。

そして2つ目は、これまでとは違う流通ルートへのチャレンジです。

商品の販売は商社や問屋が間に入り、価格設定やパッケージングなどもお任せしていたのが今までのやり方でしたがceramic mimic fabricはそれらもすべて自社で行います。

「最初から最後まで自分たちでするのは初めてのことですから、正直かなり手探りです。でもお客様に近いところで商品を届けられるのは楽しいですよ」と奥様。

作陶は社長であるご主人が、販売や広報活動は奥様が担当しています。有田焼の事業として、プロのデザイナーやWEBプロデューサーがアドバイスに入ってはいますが、実際にPR活動を行うのは奥様が主体となって自社で行っています。

「主人より私のほうが器好きかも」と話す奥様は、PR活動もとても楽しんでいるご様子。商品に注がれる愛情はたっぷりです。

左からレースカーテン、リネン、ニットで模様づけをした花器。使うテキスタイルによってガラリと表情が変わります。

そして3つ目の挑戦は、有田焼を元気にすること。業界全体をひっぱる大きなチャレンジです。

108 円で食器が手に入る今、有田焼も価格競争に巻き込まれているのが現状です。「窯元だけでなく、素材の土を卸す業者や生地屋さんなども疲弊している」と話します。

「決して安くはない価格設定ですが、手しごとの良さを多くの人にわかってもらうきっかけになればと思っています。そうすれば、ほかの窯元さんがつくる有田焼の魅力にも気づいてもらえるはず。お値段は張るかもしれませんが、それだけの価値があることを、まずは手に取って感じてもらえたらと考えています」

焼きあがった器を板ごとひょいっと持ち上げて運ぶ姿職人さんを後ろから。バランスを取りながら手早く運ばれていらっしゃいました。

なお、食器だけではなく花器にも力を入れているのは、まずは1つ手に取ってもらえるようにというアイデアから。今まで有田焼にあまり触れてこなかった若い人にアプローチしたいという思いから、さまざまな工夫が凝らされています。食器だとどうしても複数必要になることが多いうえ、ほかの食器とのバランスも考えて躊躇してしまいがちだからだそうです。

「本当はあと10年ほどで窯を閉じようと考えていたのですが、ceramic mimic fabricをつくりはじめてからはもっとやりたいと思うようにもなりました」とにこやかに話す奥様の表情が、いきいきとしていてとても素敵だったのが印象的でした。

見て触って、魅力を体感して欲しい

タンブラーは、その薄さゆえの口当たりの心地良さにも驚くはず!

ceramic mimic fabricはぜひ手に取ってその魅力に触れていただきたい逸品です。布がもつあたたかみや風合いの魅力はもちろんのこと、主役である食材や花を入れることでがらりと変わる表情にハッとさせられることでしょう。

ビギナーにおすすめなのはやはり花器。奥様いわく「真っ白だからグリーンとの相性がとてもいい」そうです。そう大きくはないサイズなので、ほんの数本のグリーンをいけるだけでOK。その場の印象がぐっとおしゃれに引きあがること必至です。


問い合わせ先

文山製陶有限会社
〒844-0007 佐賀県有田市白川丁目7番1号町

※工場
〒849-2305 佐賀県武雄市山内町大字宮野23660(有田焼工業協同組合内)
Tel:0954-45-2215
website:http://www.bunzan.co.jp/

すべての形に理由がある ~赤水窯 熊本象さん~

赤水窯は佐賀県の唐津バイパス沿いにある赤いレンガ造りの大きな建物の中にあります。すぐ近くには唐津イオンがあり、とてもわかりやすい立地。大きな道路沿いということもあり、車の窓からこの建物を見かけたことがあるという人も多いはずです。

熊本象さんとお父様の熊本千治さん親子2代の工房でありギャラリーであるこちら。扉を開けるとかつて喫茶店だったときのままのカウンターの中で象さんが紅茶を準備してくださっていました。

 

DSCF1670.JPG

もともと喫茶店だったという店内にはおふたりの作品が並んでいて、なんだか居心地がいい空間。喫茶店としておいしいコーヒーが今でも出てきそうな落ち着いた雰囲気です。

DSCF1682.jpg

ジャズ音楽をBGMに、ゆっくりとお話をうかがうことができました。

DSCF1674.JPG
嬉野産の和紅茶と、唐津名物「松原おこし」をいただきました。器はもちろん赤水窯でつくられたものです。

親子それぞれ自由に作陶

2代目の陶芸家と聞くと、父親に師事して跡取りとして作陶をするイメージを抱きがちです。
しかし象さんは「そんなことないですよ」とケロリと話します。

実は象さんと千治さんは、つくっている焼き物の種類がすでに違いました。陶器である唐津焼をメインに作陶するお父様に対し、象さんは磁器がメインです。

象さんが陶芸のいろはを学んだのは有田窯業大と白磁の作家のもとでとのことで、お父様からではないのだとか。工房も建物こそ同じであれ、部屋は別々とそれぞれが自由に作陶しているようでした。

DSCF1701
上段が千治さんの陶器、下段が象さんの磁器です。

象さんが陶芸家としての1歩を踏み始めのは約10年前の30歳のころ。それまでは「ミュージシャンを目指してフラフラしていました(笑)」と照れながら教えてくださいました。

音楽が好きだったことからそんな夢を抱いたこともありましたが、音楽だけでなく工作や絵を描くことも得意だったこと、都会暮らしよりも生まれ育った唐津での暮らしが肌に合うことなどを理由にこの道に入りました。

「作陶中に土を触っていると、やっぱり自分が育った土地の土が肌に合うことを実感します。この土の上で体がつくられたんだなと、感じるんです」

ちなみに…と前置きをしたうえで、「家に窯があったことも理由のひとつです。せっかくあることだしと思って。だから、自分の代で窯を初めて土地から探す作家さんはすごいなと尊敬しています」とも。思わず場の雰囲気が和むそんなサービストークもしてくれる、とてもフレンドリーな作家さんです。

用途がはっきり定まった器を

そんな象さんがつくる磁器は、主に日常使いの器たち。喫茶店だったことから千治さんも象さんもカップをつくることが多く、店内には紅茶やコーヒーをおいしく飲めそうな美しいカップがたくさん並んでいました。

「陶芸は制限がない工芸品でもあるので、器や花器でなくてもなんでもありなんです。土を握りつぶしてオブジェですと言い張ることだってできちゃいます(笑)。 でも、制限があったほうがつくり甲斐があると感じるので自分に制限を設けています。だから用途がはっきりとした器はつくっていて楽しいんですよ」

作品が器ばかりである理由はそんなところにあるようです。「使ってくれる人のためにできることをする」がモットーなのだそうです。

古陶磁を現代風にアレンジ

昔の唐津焼や有田焼など、古い陶磁器を象さんなりの解釈で現代風にアレンジした器づくりも作風のひとつです。

例えばこちらの器は古唐津の小鉢をモチーフにしています。そのまま復刻するのではなく、少し深さをなくすことでのせる料理の幅を広げました。さらにスタッキングできるように上部はよけいな装飾を取りシンプルなつくりに。そうすることで、今の食生活や住宅事情に寄り添う器として、より使いやすく仕上がっています。

伺うとほかの器もすべてそういったエピソードがあり、「なるほど」の連続でした。

販売は個展とギャラリーがメイン

DSCF1677.jpg

象さんの器はこちらのギャラリーのほか、全国各地で行っている個展やイベントで購入できます。

個展やイベントへの出展が多いため、個展で並べたときのバランスを考えて作陶しているのも象さんの特徴といっていいでしょう。

「普通につくっているとどうしても丸い器や白い器ばかりになってしまいます。そうなると並べた時におもしろくないので、変化を出すために色ものを差し込んだり、高さのある器をつくったりします」

取材日の数日前まで個展をされていたとこのことですが、そんな理由でつくった黄色のお皿やオーバル皿はとても人気があったそう。バランスを調整することで変化に富んだ器づくりにも一役かっているようでした。

あるべきところに置かれた物たち

DSCF1720

ギャラリーのある1階のちょうど真上にある2階の工房も見せていただきました。
窓の向こうは交通量の多い幹線道路ですが、裏側の窓からは唐津の観光名所でもある「鏡山」の木々が生い茂った景色というコントラスト。

ろくろの前に貼ったデザイン画の隙間に娘さんが描いたかわいらしいイラストがあったりと、象さんの人となりがよくわかる光景があちこちにあり、ほっこりとさせられました。

DSCF1713.JPG
ホワイトボードの中央に、娘さんが描いたかわいいイラストが。

私たちが訪れた日は、12月上旬に開催されたグループ展が終わったばかりというタイミングでした。そこに出品した器づくりがなかなかの難題だったそうで、貼ってあったデザイン画もその試行錯誤のあとがちらほらと。そんなエピソードを笑い話に変えておもしろく語ってくれ、笑い声が絶えない時間でした。

作品や道具が雑然と置かれているようにも見えますが、これらのものすべても象さんなりの理由があって「あるべきところに置かれている」のだそう。

たとえばカラフルな器たちも、「いつか使いたい」という釉薬の色合いが常に視界に入るようにとう理由で考えあってその場所にあるそうなのです。

「できた釉薬の色合いでなにをつくるかがすぐにはひらめかないことが多いので、感覚がおいつくまで置いておきます。1年くらいたってふと思いつくことが多いんですよ」と教えてくれました。

扉を開けるとドラムセット!?

 

DSCF1735.JPG

工房の隣の引き戸を開けたところには、ドラムがフルセット鎮座していました。
これは象さんが趣味で演奏しているそうです。

壁の向こうにはリビングがあるのですが、ここでドラムをたたいても怒られはしないそう。かくいうお父様も多趣味な人だそうで、ギャラリーの壁にもたくさんの古時計があるのですが、それらはすべてお父様が趣味で修理をしたコレクションなのだとか。作陶にはまじめに取り組み、趣味も思いっきり楽しむ姿勢はお父さん譲りなのかもしれません。

そんな音楽好きな象さんが作陶時に聞く音楽も気になるところではないでしょうか。そのお答えは「朝はゆったりとした音楽で気持ちと体に徐々にエンジンをかけるために、クラシックを聴きながらつくっています」と意外なものでした。

美しさと使いやすさには理由がある

器の形、物の居場所、作陶時に流す音楽・・・。
象さんに質問を投げかけると、すべて納得のいく理由でしっかり返ってくることがとても印象的でした。

象さんがつくる器にファンが多いのは、そんな確固とした理由をもとにつくられた使いやすさや佇まいの美しさにもあるのではないでしょうか。ご購入の際はご本人に形や大きさ、そのほか細部に至るまでの理由を聞いてみることをおすすめします。小さな器1つでもたくさんの理由が込められ、緻密に計算されて形づくられています。そんな「熊本象」がつくる器は、毎日使うものこそ上質なものを選びたいというこだわりに応えてくれるものばかりです。


問い合わせ先

赤水窯
〒847-0022 佐賀県唐津市鏡4758
tel/fax:0955-77-2061
website:https://akamizugama.jimdo.com/

伝統技術とデジタルツールを使う、ハイブリット作陶家 ~器とデザイン 宮崎雄太さん~

佐賀県有田町の内山地区は、かつては「有田千軒」と言われるほど栄えた器の街。
そのメインストリート沿いにある「赤絵座」は、陶芸家の独立支援の場として、この街の期待を背負った若手の作家さんに工房兼ギャラリーとして提供されている場所です。

古い建物が並ぶ風情のある通りでひときわ目を引くスタイリッシュな看板を掲げた外観でした。

この赤絵座で現在作陶を行うのが器とデザインの宮崎雄太さん。
古い引き戸を開けると、アシンメトリーに片側を刈上げたヘアスタイルの宮崎さんが笑顔で出迎えてくれました。

宮崎さんは陶芸をメインに、デザイナーとしても活躍するクリエイター。
ご出身は福岡県の久留米市で、東京で8年間グラフィックデザイナーとして働いたのちに、この土地で作陶を始めました。

陶芸家として発表した最初の作品はこのフリーカップ。このトーンをほかの器にも広げ、宮崎さんの世界観をつくりだしています。

作られている器は研ぎ澄まされていますが、ひとことお話を始めると物腰のやわらかいやさしい人柄であることがすぐにわかるはずです。

デザイナーから転身したわけ

さて、そんな宮崎さんにまず最初に伺ったのは、なぜグラフィックデザイナーから陶芸家に転身したのかということ。

「デザイン事務所で6年働いて、独立してからは2年働きました。南青山に住みながら働き、いろいろな企業のパッケージデザインなどに関わらせてもらって刺激的な毎日でしたが、あるときふと、受け身の仕事に疑問を持ったんです」

デザイナーの仕事の多くは、企業から依頼されてデザインをつくること。それはクライアントの「こうしてほしい」「こんなものをつくってほしい」に応えることです。相手の希望に沿ったものをカタチにするその仕事は、時にはミリ単位で修正があることも。もちろんそれもおもしろい仕事に変わりはありませんが、宮崎さんはもっと自らのクリエイティビティを発揮する仕事がしたくなったそうです。

「ものづくりをしたいという気持ちが強かったので選んだ仕事でしたが、自分のやりたいこととは少し違うなと。そんなときに出会ったのが陶芸でした」

宮崎さんがつくるのは、ほとんどが白と黒のスタイリッシュな器。

有田は実家から近く、住み慣れた九州であったこと、自分の手を動かしてものづくりがしたいこと、つくるなら生活に密着した「普段使いのもの」をと考えたこと。
その結果、家具と器に行き着き、最終的にひとりで完結できる陶芸の分野へ足を踏み入れたそうです。

その後の行動はスピーディー。有田窯業大学校に入学し、2年間有田焼づくりを基礎からしっかり学びました。そして、実力が認められ赤絵座に工房を構えて1年半。その歩みはとても順調に見えますが、「窯業大の卒業生や肥前地区では同年代の活躍している人がたくさんいるので、僕ももっと頑張らなくては」と謙虚な姿勢です。

「僕がつくる器は、華やかではないですし、単品と言うよりは群で魅せるスタイルです。質感も大切にしていて、これも実際に触ってもらってわかってもらえるもの。地道にやっていこうと思います」
そんな客観的な分析ができるのはデザイナー出身ならではかもしれません。

「こんな器をつくってほしい」という注文をうけることもしばしばあるのだそうです。用途に沿った大きさや形などざっくりとしたイメージを伝えてもらってからは、宮崎さんいわく「あとは感じよく仕上げます」とのこと。

「焼き物は2つ同じものはつくれないのが魅力。僕のつくる器のテイストを気に入って注文してくれるのがとてもうれしいです」

デジタルと手作業の”いいとこどり”

そんな宮崎さん、作陶法もデザイナー出身であることが活かされていました。

まずは「こんなものをつくろう」と、アイデアを紙に描きます。これは他の作家さんも行っているごく普通のプロセスですが、その後宮崎さんはデザイン画をパソコンに取り組み、グラフィックデザインをつくる要領で、デジタルデータに落とし込みます。

有田駅前カフェ「Café hestia」のテイクアウトコーヒーで使われているタンブラーの原案となったもの。宮崎さんのデザインです。

焼き物は、窯で焼くと一定の割合で縮むという性質があります。
デジタルツールに落とし込む1番目の理由が、器用のへらとトンボと呼ばれる深さと直径を測る道具を作るためです。
これにより、作る段階の拡大が容易になります。
2番目に器の曲面などのラインをかくにんしながら微調整できる点があります。
3番目にすべての作品の設計図がデータとして残っているため、時間が経ってからでも忠実に同じものをつくることができます。

伝統の技法を使いつつも、現代的なツールも使う。よいところをそれぞれ取り入れるハイブリッドなスタイルです。宮崎さんの作るものは、スタイリッシュさと手作業のあたたかみのどちらも伝わってきます。それは、そんな柔軟なつくり方も影響しているのかもしれません。

気軽に使ってほしいから、もし割れたらまた買える価格帯で

おしゃれなデザインかつサイズや重さがちょうどいいと評判のラーメン鉢は人気商品の1つです。

宮崎さんが意識しているのは、たくさんの人が毎日つかえる価格帯の器をつくること。
毎日の暮らしにつかえるものをつくりたいという思いは、そんなところに反映されています。

「割れたからまた買おうと思ってもらえるのが目標です。そのためには、見た目はもちろん価格設定も大切にしたい。今はまだ、僕の器を買ってくれるのは30~40代の器好きな方たちが一番多いのですが、ゆくゆくはもっと若い世代の人たちにも気軽に使ってもらいたいです」と、展望を語ってくださいました。

有田焼や唐津焼ではなく「お好み焼き」

ところで、宮崎さんがつくる器は有田焼なのでしょうか?
そんな疑問を投げかけたところ、「よく聞かれるんです(笑)」との第一声。

「有田の窯業大学校で技術を学んだので技術は有田焼です。でも細かいところは違うかもしれませんし、ジャンルやカテゴリーにはこだわりはないので、そんなときはみなさんのお好みで決めてもらえたらという思いから”お好み焼きで”と答えています」と、笑いながら教えてくれました。

つくり方に始まり、さまざまなことに対して柔軟な考え方を持つ宮崎さん。「こうでなければいけない」というところがなく、自由で心地よい様子は作品にも表れています。そんな姿勢でつくられているからこそ、デザイン性が高いのに肩ひじ張らずに日常使いできる食器になっているのかもしれません。

工房内も整理整頓が行き届いていました。ツールはラベルを貼った引き出しに収納されていて、すっきりと片付けられています。

これからも、柔軟に

「これからは、クラウドファンディングなども活用して、新しいラインをつくりたい」と今後の抱負も語ってくれました。デザインの仕事のノウハウを活かして新しいコトを企画しているそう。有田の街に、次はどんな風を吹かせてくれるのかわくわくします。

re_DSCF0467

赤絵座に工房を持てるのは3年間と期限が決まっているので、あと1年ちょっとで別の場所へ移転して完全に独立しなければなりません。「窯をどこに持つかなど考えますが、なるべく制約のないところでつくりたいですね」と、独自のスタイルは崩さないようです。

赤絵座では絵付けやろくろ挽きの体験も随時受け付けています。宮崎さんにご興味がある方は早めに訪れてみてください。宮崎さんならやさしく丁寧に教えてくれるに違いありません。


問い合わせ先

器とデザイン 宮﨑雄太
〒844-0006 佐賀県西松浦郡有田町赤絵町1-2-18
email:uturn_m@me.com
website:http://utsuwatodesign.jp/